サックス、フルート奏者・菊地康正の最新、
そして今までの演奏動画をご紹介!

 

 

これ以外の菊地康正の動画は、こちらをご覧下さい。

菊地康正の最新フルート演奏のご紹介

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

★Sadie's Dance は、バイブ奏者デイブサミュエルズの曲で、

哀愁のあるラテンタッチの曲、2018年録音。

★Over the rainbow は、オズの魔法使いより、ジュディガーランドが歌う、

虹の向こうには希望が見えると言う曲、ボサノバで、2018年録音。

★日本のポップスから、丸山圭子の「どうぞこのまま」をフルートで、

2018年録音。

★ユーミンの名曲、あの日に帰りたいをフルートで。

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

★ロメオとジュリエットは、シェークスピアの勘違い悲恋ラブストーリー、この

美しいメロディをフルートで切々と歌うのも良いものです。2018年録音。

★アルフィーは女性を渡り歩くプレイボーイ、だけど最終的に一人になってしまう。

老賢者から女性には誠実にすることだよと言われて、心を入れ替えるが・・・。

昔の映画は、ソニーロリンズがテーマ曲を担当、この曲は、バートバカラック。

いいメロディです。2018年録音。

ザ・フルート別冊19号から、スタンダードナンバーの月へ飛ぶ思いをフルートと、

稲里 ひろみの歌で。譜面を付けてるので、目で追いかけながら、音の流れを

つかんでみよう。

★やはりザ・フルート別冊19号から、菊地康正の古いオリジナル曲を再演。

やはり譜面を付けてるので、目で追いかけて取り組んでみよう。

菊地康正の最新アルトサックス演奏動画をご紹介

画像

KOSEはもともとはテナーサックス奏者だが、アルトサックスも得意、

ジャズ、ビーバップも得意だが、ファンク系も大好き。お楽しみ下さい。

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

★Straigh to heart は、マイルスとも共演していた、ベーシストの

マーカスミラーの曲で、サンボーンの名演で有名。マーカスは、19歳の時

デイブグルーシンが日本に連れてきた時のコンサートで共演したことがある。

すごい大物になったものだ。80年代のフュージョン時代の雰囲気がある。

★Waltz for Debby は、ピアニスト・ビルエバンズの曲で、アルトでソフトに演奏してみた。

2018年録音。

★LatinQuarter はバイブ奏者デイブサミュエルズの曲で、2018年録音。底抜けに明るい

ラテンタッチの曲、コードは循環コードなので自由にいくらでもアドリブ出来る。2018年録音。


★Rose は歌詞がとても素敵なので、後ろの字幕に日本語訳に注目下さい。

こういう歌い上げ系のアルトサックスは楽しい。

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像


★Je te vuex おまえが欲しいは、フランスの作曲家エリック

サティの曲、この人は時代を先取りしていた天才。今聞いても

少しも古くない曲は演奏していて楽しい。やはり少し

アドリブを入れてみる。2018年録音。


★黒いオルフェは、ブラジルの黒人版、ロメオをジュリエット。

アントニオカルロスの音楽が光る。

1992年発売の、菊地康正の処女作教則本Play the jazz sax

から、一番好評だったソロの譜面を付けて有る。

譜面を追いかけながら聞いて見よう。


★Danny boy は、アイルランド民謡、戦争で帰らぬ人となった息子に切々と歌いかける曲。

歌でも、テナーサックスでもとても合うが、アルトサックス

でのこの曲も、ファンクフィールを入れると楽しい。

採譜は、滋賀県の前畑君。まあ良く、僕のフレーズを書き取って

くれた。脳みそからどうやってジャズフレーズが出て行くのかが、

楽譜を見ると一目瞭然なのが楽しいね?2018年録音。


★Five Island country は,もともと菊地康正のインストオリジナル

曲に、スピリチュアル系の歌詞を、歌手であり作詞家の

稲里 ひろみさんが付けてくれたもの。

シングル盤CDで発売しました。こちらで歌詞がごらん頂けます。

菊地康正の本業はテナーサックス、最新の演奏を お楽しみ下さい。

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

★4月の思いでは、ジャズのスタンダードナンバー、単純なコードだがどんどん転調して

スイングするリズムセクションに乗ってアドリブしまくるのは楽しい。

Reborn again発売ライブで、良いメンバーです。

★ロンリーレディは、スタンゲッツのアルバムで見つけたしゃれた曲。こういう大人っぽい曲を

演奏するのが夢だったので嬉しい。 Reborn again発売ライブで、良いメンバーです。
 

★セントトーマスは、テナーサックスの巨人ソニーロリンズのオリジナル曲。ラテンのリズムに

載りまくるのが楽しい曲。Play the jazz saxでも取り上げました。
 

★Spring wind、インストオリジナル曲に、歌手であり作詞家の稲里 ひろみさんがコーラスを

付けてくれて南国の島の楽園の感じが出ていると思うのだが。この曲は作曲時間30分という

安産型の曲。Sax machines CDに収録。

こちらで歌詞がごらん頂けます。
 

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

★2007年の三重県津市でのコンサートから、稲里 ひろみさんの歌で、月の沙漠。この動画は。

10年間で驚異の23,000 アクセスを達成している。弘田美枝子張りの独特の歌声と、けだるい

テナーサックスを楽しんで欲しい。

★I'm a fool to want you は、フランクシナトラや、ビリーホリディでも有名なバラード。

許されない恋をあきらめきれない馬鹿な私と歌う切ない曲を、太いテナーサックス

サウンドで。ちなみに、カイルベルスSX90にオットーリンク10で演奏しています。

2008年発売の、「My Spanish key」に収録しました。

★ブルーボッサは、ケニードーハムが、パリに行ってひらめいて作った曲。

Play the Tenor sax2から、菊地康正のソロを掲載しています。追いかけながら聞いて見よう。


★Donna Lee はチャーリーパーカーのナンバー。小野塚 豊君が、菊地康正のテナーサックス

ソロを採譜しました。自分の以前のアドリブを見たり聞いたりすると別人な感じがします。

それだけ音楽家は変化する生き物だと言うことでしょう。

 

 

 

これ以外の菊地康正の動画は、こちらをご覧下さい。