サックス、フルート奏者・菊地康正の最新、
そして今までの演奏動画をご紹介!

 

 

これ以外の菊地康正の動画は、こちらをご覧下さい。

菊地康正の最新フルート演奏動画

ユーモレスクは、100年前のドボルザーク作品。当時のジャズの影響が感じられる。
ユーモアと哀愁に満ちた曲、自身のピアノ伴奏に乗せて演奏してみた。

 

若手ギタリストの都丸 翔とのA列車。彼のコードセンスに刺激されて、スリリングな
演奏になった。

 

ウォーターメロンとはスイカのこと。奴隷だった黒人は、スイカを与えられて
死ぬまで働かされた。ハービーハンコックの変形ブルースの名曲。通常12小節が16小節のブルース。

  • 画像
  • 画像
  • 画像

自粛期間中の野外(多摩川の橋の下)での演奏をご紹介

  • 画像

    偉大な、テナーサックス奏者、ジョーヘンダー

    ソンの名曲、Recordame は、英語だと、

    Remember me? の意味。

     

    これをフルートで演奏中に、脳内では何が

    行われているのか?それを実況中継した興味

    深い動画です。

     

    フレーズを思う出し、どんどん演奏指令を

    出す、それを聞いてどう受け答えをするかを、

    瞬時に考え、また指令を出す。

     

    訓練により、実際の演奏よりも早く考えら

    れるようになれば、フレーズはいくらでも

    続けられることになる。

     

    それまではひたすら訓練すること。最後

    にテーマを吹くのだが、それを思い出す

    のは、脳内の別の場所を使うので、切り

    替えに時間を要するのだが・・、

    詳しくは動画を参照。

     

     

     

     

  • 画像

    コールポーターは、現代で言うとロイド

    ウエッバーの様なミュージカルのヒット

    メーカー。スタンダード曲もたくさん

    書いた。

     

    コールポーター伝記映画としては、五線譜

    のラブレターは私のお薦め映画である。

    音楽も映像も衣装デザインも素晴らしい。

    菊地康正のフルートで、自由なアドリブ

    を楽しんでくれたまえ。

     

  • 画像

    ジャズミュージシャンが好んで取り上げる

    名曲。リカルドボッサ。後にエディゴーメ

    が、The gift でリバイバルさせた。妖しい

    夜のムードを楽しむ。

     

    アドリブは、フレーズを追いかけながら、

    予測し、当たるか裏切られるかのスリル

    を楽しむ。

     

    ダブルタンギングや、3つの音域のフルー

    トの冒険を楽しむ。

     

     

  • 画像

    大田区久が原の住宅や公園のいろいろな植物

    の動画に、エリントンのA列車をもじって、

    Take the Ikegami line.

    池上線もなかなか庶民的でよろしい。無限に

    アィディアの出てくる名曲。途中でC→Ebへ

    転調する。

    キーによってまた出てくるフレーズが違っ

    てくる。いずれにしても、半音上行する、

    メロディが楽しくたまらなく、無限にアド

    リブ出来る気がする。(笑)

  • 画像

    ジャズの基本は、移調奏である。移調奏とは、

    或るメロディをどんどん違う調に移動して

    演奏すること。

    歌唱なら当たり前のこの技能だが、楽器で

    行うには、合理的な訓練が必要で、

    菊地康正サックス、フルート道場では、

    移動ド読み、もしくは相対音感の訓練を

    推奨している。

    音感トレーニングメソッドはその目的

    の教材。

    ドナリーはパーカーの名曲だが、半音の

    装飾音が多く、これをいろいろなキーに

    移動するのは大変で、出来たらかなりの

    上級者。

    かつての西海岸の名アルトサックス奏者

    バドシャンクは、warm-upに、このドナ

    リーを12キーでやっていたという。

    僕はまだ6キーなので、道はなかばで

    ある。(笑)

     

     

     

     

  • 画像

    Partita/Over the rainbow

    風の強い日だった。風の音が多いの

    はご容赦ください。

    日課練習のバッハのパルティータと、

    アカペラの、虹の彼方にをご紹介。

    サンバの伴奏を想定しての演奏。

     

菊地康正のジャズ、ポピュラーフルート

  • 画像
  • 画像
  • 画像

★Sadie's Dance は、バイブ奏者デイブサミュエルズの曲で、

哀愁のあるラテンタッチの曲、2018年録音。

★Over the rainbow は、オズの魔法使いより、ジュディガーランドが歌う、

虹の向こうには希望が見えると言う曲、ボサノバで、2018年録音。

★日本のポップスから、丸山圭子の「どうぞこのまま」をフルートで、

2018年録音。

オリジナル曲とセミクラシック

  • 画像
  • 画像


ザ・フルート別冊19号から、菊地康正の古いオリジナル曲を再演。

やはり譜面を付けてるので、目で追いかけて取り組んでみよう。

 


★スコットランド民謡のアニーローリー、そして

イタリア民謡の、オーソレミ=ヨ。

菊地康正の最新アルトサックス演奏動画をご紹介



画像

KOSEはもともとはテナーサックス奏者だが、アルトサックスも得意、

ジャズ、ビーバップも得意だが、ファンク系も大好き。お楽しみ下さい。

菊地康正の本業はテナーサックス、最新の演奏を お楽しみ下さい。



自粛期間中の多摩川沿いでの演奏から

  • 画像
  • 画像
  • 画像

コールポーターの、Night and Day

松本英彦の十八番と言えば、It"s all right with me

コールマンホーキンズが、テナーサックスここにありと、存在を知らしめた名曲、Body and soul.

ジャズテナーサックスの名曲を続けて。





Danny boy

画像

戦争で帰らぬ人となった、我が息子を追悼

する曲。アイルランドでは、葬式で歌われる。

アルトサックスでももちろん良いが、なんと

言っても、テナーサックスの見せ場の曲である。

僕の師匠、松本英彦は、ダニーボーイが上手く

吹ければ、オマンマが食える、つまりテナー

サックス奏者として生きていけると常々申

しておりました。さてその結末は??

 

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

★4月の思いでは、ジャズのスタンダードナンバー、単純なコードだがどんどん転調して

スイングするリズムセクションに乗ってアドリブしまくるのは楽しい。

Reborn again発売ライブで、良いメンバーです。

★ロンリーレディは、スタンゲッツのアルバムで見つけたしゃれた曲。こういう大人っぽい曲を

演奏するのが夢だったので嬉しい。 Reborn again発売ライブで、良いメンバーです。
 

★セントトーマスは、テナーサックスの巨人ソニーロリンズのオリジナル曲。ラテンのリズムに

載りまくるのが楽しい曲。Play the jazz saxでも取り上げました。
 

★Spring wind、インストオリジナル曲に、歌手であり作詞家の稲里 ひろみさんがコーラスを

付けてくれて南国の島の楽園の感じが出ていると思うのだが。この曲は作曲時間30分という

安産型の曲。Sax machines CDに収録。

こちらで歌詞がごらん頂けます。
 

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

★2007年の三重県津市でのコンサートから、稲里 ひろみさんの歌で、月の沙漠。この動画は。

10年間で驚異の23,000 アクセスを達成している。弘田美枝子張りの独特の歌声と、けだるい

テナーサックスを楽しんで欲しい。

★I'm a fool to want you は、フランクシナトラや、ビリーホリディでも有名なバラード。

許されない恋をあきらめきれない馬鹿な私と歌う切ない曲を、太いテナーサックス

サウンドで。ちなみに、カイルベルスSX90にオットーリンク10で演奏しています。

2008年発売の、「My Spanish key」に収録しました。

★ブルーボッサは、ケニードーハムが、パリに行ってひらめいて作った曲。

Play the Tenor sax2から、菊地康正のソロを掲載しています。追いかけながら聞いて見よう。


★Donna Lee はチャーリーパーカーのナンバー。小野塚 豊君が、菊地康正のテナーサックス

ソロを採譜しました。自分の以前のアドリブを見たり聞いたりすると別人な感じがします。

それだけ音楽家は変化する生き物だと言うことでしょう。

 

 

 

これ以外の菊地康正の動画は、こちらをご覧下さい。