自分は●●なんだという、思い込みを捨てて見よう

2023/05/20

自分は●●なんだという、思い込み
を捨てて見よう。

ご縁があり、蒲田駅前のカラオケ屋、
ベーゼンドルファーを、再訪問。

ここは、ただのカラオケ屋さんでは
ない。

何と、歌に合わせて、ピアノやドラム
で伴奏、コーラスまでやってくれるの
だ。歌うお客様は、バンドで伴奏して
もらっている殿様気分だ。

先日のテラスドルチェのセッションの
シットインは、ジャズや洋楽のスタン
ダードの、お馴染みの世界なので、水
を得た魚状態なのだが、素人さんの
カラオケは、まず、僕の知らない曲
が多い。それを、皆さん、暗記して
歌っているのに驚く。

見ていたら、とにかく騒いで盛り
上がれば良いというグループと、いつ
も歌って練習した歌を人前で歌いたい
という人たちのグループに、わかれる
ようだ。

アニメソングも多く聞いた。アニメ
の場合は、僕は、絵が好みではない
場合は、そこですべてシャットダウン
なので、残念ながら曲も耳に入って
来ない。

曲や歌も、直感的に、好きか嫌いか、
自分にとって価値はあるかないかで、
即断で決めるし、価値のないと思った
ものは、基本的に入ってこないし
記憶に残らない。

店主のマイケルさんは、ピアノを弾き、
歌い、ベースも弾いてしまうし、
凄いな、曲をたくさん知ってそう。

2人の若者もドラムを叩く。お客様は
大喜び。ぼくも、請われてサックスを
数曲吹いた。酔った勢いで大受けの
ようだったが笑。
面白かったのが、2人のアメリカ人が
登場、英語の曲かなと見ていると、
マニアックな最新のJPOPを日本語で
歌うのに驚く。

そうだ、自分も、練習してマスター
したい歌が何曲も有ったのを思い出した。
●と●と●は、歌えるようにしよう(笑)。

それより、いつも演奏でやっている
自分のジャズやボサノバのレパートリー
くらい英語で歌えないと、ジャズ屋と
しても片手落ちなのではと、うっすらと
気がついたので、やってみようと思う。

あんなに、うまい下手を、全く気に
しないで楽しそうに歌えるのに改め
て感心。ど素人の強み(笑)。

ギターがうまいという若者と何か
共演出来ないかなと話したけど、
昔と違い、ビートルズもビリー
ジョエルも知らず、今はやって
いるJPOPしか知らない。

世代間の共通言語が無いのは残念
だし、少し危機的状況かも知れない。
スタンダードを覚えると、流行りが
終わっても、長く歌えるんだけどな。

一緒にやっている麻衣子さんや
都丸君の方が特殊なのかも知れない。

気がつくと、これだけ長いこと音楽
に関わっているのに、自分は●●なん
だと思い込んでいたのを、一端捨てて、
楽しかったら何でもやってみて良い
のではとも思った。

10年前に社交ダンスを3年間習って
発表会も参加したように。