サックス奏者であり、リフェイサーあることは、稀にみる素晴らしいこと

2021/07/15

サックス奏者であり、リフェイサーあることは、稀にみる素晴らしいことである。

僕の読者は音楽関係者か、音楽愛好家が多いだろう。

ジャズの楽しみは、個性的な奏者が多いことだろう。マイルスのトランペットの音色の独特さ、フレディーババードの生音はコンサートで聞けたのはいい経験。

ウェインショーターのサックスも独特。

マイルス自伝によると、コルトレーンのテナーの独特の音色は、自分のトランペットが、対比としてとても映えるので、周りの反対意見は無視して使ったと書いてある。

あの、独特のサックスの音色の陰には、マウピース製作者および、リフェイサーがいるのだと思う。若しくは自分で細工していた??

松本英彦も、ジェイクコンセプションも、マウピースの重要性については、いつも言っていた。

楽器のまず聞こえるのは音色、人間でいうと顔のようなもの、それで誰なのかを判別する。

良い音で、それも、独特で、誰とも違い、個性的で魅力的だったら、忘れられない。音楽的内容はその次である。

コルトレーンのような、デックスのような、スティットのような、ブレッカー、サンボーンのような、個性的なサウンドは、本人の技量も勿論あるが、助っ人としての、リフェイサーの存在を感じる。若しくは、みな、リフェイスの、技能を持っていたのか?

リフェイスとは、マウピースを、削って調整し、よいコンディション、音色にする、技術のこと。リフェイスする人がリフェイサー。

ジャズサックスほど、各々の個性が発揮される分野も無いのではないか?

例えば、フルート、クラリネット、トランペット、トロンボーンに、ジャズサックスほどの個性の違うソロイストがバラエティー豊かにいるか考えてみたら良いだろう。

テナーのオットーリンク10は、より現代的なサウンドになるように、サイドレールを、アルトのメイヤー6は、深くくわえられるように、フェイシングを長く形成するように削ってみた。

どう削っても、失敗ということは無く、打率今のところ10割。

あるポイントを押さえれば、カーブの形は、どんな形でも鳴るのである。このコツを掴むのに、結構授業料を払いマウピースをたくさん削りました。(笑)

アルト、テナー共、使うリードは薄くなった。軽快に鳴るのが一番なのだ。

厚いリードは、吹き応えがあり、吹き手には快感なのはわかるが、音が抜けず。鳴っていないことが多いので気をつけよう。

アルト用の腹筋は、稽古を休むと衰えるので、思い出しては、稽古する。

テナーは、息の量は、必要だが、比べると、必要な圧力はそれほどではない。

フルートは、息は少ししか出て行かないが、腹で支える独特な呼吸が必要。

つまり3本とも、体の違う場所の、違う筋肉を使うので、稽古をさぼるわけには行かないのだ。(笑)

菊地のサックスマウピースリフェイスのページ

http://kose-sax-flute.jp/Sax%20Reface.html

動画は、多摩川大橋からの日没。