2021/6/20 菊地康正サックス、フルート道場セッション

2021/06/21


久々のセッションは、コロナ騒動、緊急事態にもめげず、楽しく開催されました。

音楽を楽しむ事は、決して不要不急ではありません。必要不可欠なのです。

今回は、五反田の音楽スタジオ、スタジオペンタにて開催。

参加者6名に、リズムセクションは、長年菊地の信頼の厚い、都丸 翔(gt)、菅原正宣(b)の面々に、オマケで菊地もピアノを少々サポートで参加。

生徒さん、卒業生、また部外者参加で、フルート2名、アルトサックス1名、テナーサックス2名。ボーカル1名の参加がありました。

ボーカルの小泉摩岐子さんは、長年僕のライブのファンで、ライブでは何回もお見かけしておりましたが、仲間の多田さんに、僕の教室への入門を勧めたり、今回はジャズボーカルで参加してその素晴らしい歌声を披露してくれました。

豊かな声と表現力に大変驚きました。こういう素晴らしい方々に、僕らのライブや教室は、支えられているのだと、気持ちを新たにする思いです。

演奏曲は、下記で、皆さん熱気のある演奏で、普段の研鑽ぶりを存分に披露していました。僕の道場へ通う生徒の皆さんが、素晴らしい音で、素晴らしい演奏をしてくれるほど嬉しいことはありません。

打ち上げも楽しく、音楽談義で盛り上がり、普段は職業も違えば、巡り会うことのない皆さんが、演奏の発表を終えて、共通の趣味、音楽、ジャズを語り合う、菊地道場本来の姿が見られて、この教室を何十年も、ずっと続けて、本当に楽しく良かったなと思えた夜でした。

写真は、小泉摩岐子さんからもたくさん提供して頂きました。またシャッターを押してくれた、居酒屋の隣の席の若者も有り難うございました。

演奏曲:All of me、Fly me to the moon、My way、Bye bye blackbird、Misty、Now's  the time、酒と薔薇の日々、UP JUMPED SPRING、Over the rainbow、聖者が町にやってくる、Autumn Leaves、Yesterday、Just the way you are、Don't get around much anymore、Water mellon man.
さらに詳しく