ある日のサックスレッスン

2021/05/14
ロゴ

東京、横浜、大阪、名古屋で、サックスレッスン、フルートレッスンを展開している菊地康正です。

テナーのTさん、もともと他の先生の元、サックスの、基本はしっかり習われているので、音は菊地道場の元、さらに良くなっている。イェ〜〜イ!

菊地道場の基本重視の教え方は、楽器の演奏と同時に、音感を高め、音楽の仕組みを理解してゆくところにある。

音楽の言葉を理解し、組み立てる思考力を鍛えるところは、英語と数学を、交互に習うようなものである。

さらに頭を使いながら、体の動かし方までやるので、体育、ダンスと、科目は多く楽しい!

入門数ヶ月にして、音階やコードの基本パターンをある程度習得してきた段階で、これを、じゃあ、ソロに応用するには、どうしたら良いのか?という疑問の段階に、彼は達しているのである。

喉の乾いていない馬を水辺にいざなっても、水を飲もうとしないように、

小学生に、高校生の知識を与えてもちんぷんかんぷんなように、

欲しいというポイントまで、美味しい情報は、出さないのが、トレーナーのコツとでも言おうか?(笑)

基本パターンを応用してカッコいいフレーズに変身させてゆくには、

音感、センス、運動能力、思考力、創造力を総動員して音を並び替える。

実力が問われる段階だ。日本の教育の悪弊、とにかく暗記して、覚えるだけの勉強法では処理できない。自分の頭で考える事が要求される。

ああでもないこうでもないと、やってみるのが良い。

僕らが、幼児のとき、子供の時にやったように、電車や車のオモチャは、カッコ良かったし、テレビの仮面ライダー、モスラ、ゴジラは、現実のヒーローだと思っていた。

子供のように、無心に、やってみるのだ。

音を並び替えてカッコいいフレーズになったとき、セッションで、ライブで聴衆に聞かせたとき、称賛、拍手の嵐に包まれる楽しさを一度味わうと、また、あの楽しさ、嬉しさを味わいたいと思わない人は居ない。

僕の場合は、さらにそれを人にコーチすることを長年やってきた訳だが、、、。

課題をしっかり確認してレッスン終了。

次は30代の初心者Kくん登場。

彼はギターの経験があり、サックスは、初心者。

素直で、バイクや旅行、仲間も多く、色々なことに興味を持つ性格は、将来を期待させる。

体格も素晴らしいので、レッスン数回目にして、豊かで良い音が出ているのを聞かせてもらうのは、教えていても気持ちが良い。

ふと、誰にこのいい音を習ったのかと思う(笑)。

さて、菊地道場では、大きな特徴として、単なる楽器の教室ではなく、

最初から音響学的知識として、倍音列などを理解させ、音楽の構造自体(音楽理論)に興味を持ってもらうことように指導して居るのである。

また、いろいろなキーの、ドレミをマスターするやり方(移動読み)や、

スィングする、リズムを理解するため、行進曲と、ジャズの歩き方のレッスン。これが楽しい。

これは、僕が以前に社交ダンスのレッスンを3年間受けたことがとても役に立っている。

リズムとは、人間の体の動きなのであり、音楽と、ダンスは、双子の兄弟なので、

音楽の半分以上は踊るための音楽であり、音楽を学ぶものはダンスを学ぶべきなのだ。

日本には、歴史的には、盆踊りか、日本舞踊しか無かったので、クラシックにしても、ジャズ、ロックにしても、日本人は、下半身の使い方を、マスターするのが良い。

ボクサー、野球のバッター、バレーボールの選手などの、玉を待っているときの、あの中腰で構えている感じのイメージ。

30年ほど前のディスコブームや、少しあとのストリートダンス、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク、ブレイクダンス、エグザイルなどの男子だけのタンスグループなどは、日本人のリズム感をかなり向上させたと思われる。

サックス、フルートの演奏だけではなく、クラシック、ジャズの音楽の仕組み、リズム感を付ける体の動かし方のレッスンに興味のある方は、教室のドアをノックして欲しい。

体験レッスン、スタジオ代のみ、インターネットレッスンは、無料です。

サックス 

フルート

なお、ネット上には、以下の人たちは実は生きていて、姿を隠していただけで、近いうちに、姿を現すという情報もあるので、フェイクかもしれないが、本当だったら楽しいので、楽しみにしておこう。

マリリンモンロー、JFKジュニア、ダイアナ妃、ジョン・レノン、マイケルジャクソン、プリンス、スティーブジョブズ、エルビスプレスリー、、、。