サックス・マシーンズライブは楽しい サックスレッスン

2021/03/20

昨夜のライブを振り返る。長いので、興味のない方はスルーして下さい。

なぜ楽しいのかを考えていたら、そうか、自分は劇作家なのだと気がつく。サックス・マシーンズは劇団なのだ。

長く音楽業界に携わっているので、つい最近は、偉大なドラマー、村上秀一さん、そして世界にやはり偉大な影響と足跡を残したチックコリアが、向こうの世界にいってしまったが、不思議なことに、悲しい、寂しいという気持ちはなく、彼らはいつも僕の心にいて、励ましたりヒントをくれる偉大な兄貴のようだ。肉体を離れたので、いつも僕を見守る父のように、呼びかけるとにっこり笑って僕を見てくれているのを感じる。

長く音楽業界にいると、出会った素晴らしい歌い手、作曲家、奏者、楽曲は、たくさんたくさん、心に焼き付いているので、昨日出会った曲のように、奏でているといつの間にか時間が過ぎ、懐メロになったり、若い人には新鮮な音楽に写るらしい。

たまたま僕の心に残る曲は、スタンダードジャズだったり、R&Bのヒット曲だったり、クラシックだったり映画音楽の名曲だったりするが、作家が閃いて曲を作るときはジャンルやレッテルは存在していないから、結果的には多様なジャンルにまたがる多様な楽曲を、料理してみんなに届ける、一流のシェフのような仕事になるわけだ。

昨夜のサックス・マシーンズの公演に集まってくれた素晴らしい劇団員のみんなを、大いなる誇りと共に紹介しよう。

シャープなグルーブ感と素晴らしい音楽性の●小松伸之(dr)、太い音と信頼性、バンドをぐいぐい引っ張ってくれる●菅原正宣(b)、自作曲でオーケストラと共演する天才少女から、いまや日本ジャズ界で人気ピアニストの一人となった●外山安樹子のタッチと音色は、大好きだ。

それに乗って、ブリブリ言わせてくれるサックスセクションは、ビーバップの女性伝道師●高橋里実。彼女は、実は松本英彦門下で、同門の後輩であり、同じ血を引く実の妹分。

久しぶりに御願いしている●酒井聡行は、ファンク、ロック、ブルースに強い、ひりつく泣き叫ぶようなロックギターのような表現力を持った素晴らしい奏者なので、この二人の対比も楽しい。ファミリーとして同行していると、これから起こる化学変化、お互いの影響も楽しみの一つ。

バリトンで御願いしている●山手久美子は、●つづらのあつしや、●山口マリ、●落合智子などと同じく、大阪音大の大先生、赤松門下で、共通して言えるのは、赤松ファミリーの安定した底知れないテクニックとインプロビゼーション能力。

振り返ると、1992-2002のサックス・マシーンズ第一期では、名リードアルト●澤田一範始め、今や日本を代表する●多田誠司、●つづらのあつしなどが在籍、アレンジが気に入らないと譜面を床に投げ捨てるなどして、激しく僕を鍛えてくれたメンバーには無限に感謝の思いがある。

15年の時を経て、第2期は、大阪で、山口マリ、そして大阪ジャズ界に殴り込みをかけ始め、美貌と才能とユーモアを兼ね備えた歌手の●山添ユカらと組んで再起したサックス・マシーンズ大阪チームは、心斎橋ラグタイムを根城に、人気が出始め、いつも数十名の集客を達成して、ママから大入り袋を貰うまでになったのだった。もちろんコ●ナ終息後は、再開したい。

そして世界は風の時代、水瓶座の時代に入り、女性エネルギーを使う時代に入る。僕も経験から学んで多少は賢くなり、優秀な女性奏者を使うと、ステージが和やかになり見栄えも華やかに素晴らしくなるのを学んだ。

そしてジュラ紀、白亜紀をへて新生代、現代へと、サックス・マシーンズの舞台は移り、サックス・マシーンズ第3期東京チームは、多士済々、パワー爆発。

最後のメンバー歌手の●瀬戸カオリも、味わい深い自分の持ち歌の世界の他、ヴォイスで参加してくれた、イヴァンリンスのセプテンブロ(ブラジリアンウエディングソング)は、深い眠りを誘うゴージャスな楽曲となった。振り返ると、サックス・マシーンズのインスト曲、そして山添ユカ、瀬戸カオリに捧げた、アレンジ曲のストックも膨大になりつつある。近い将来大ホールのコンサートに是非繋げていきたいものだ、皆様の応援をよろしく御願いしたい。

緊急事態宣言で延期した今回のライブ、意味不明な理由で未だに検出されていないコ●ナウイルスの、お上の愚策により緊急事態宣言が延長された。

まず、この処遇に怒りではなく冷静に、愛と平和で、神の使いとして対処することを学んだ。(笑)

~平日だけど、晴れ着を着たのよ!緊急事態だけど、ライブをしたのよ!ろくでなし、ろくでなし、なんてひどい、言い方(ろくでなしの節で)(笑)

緊急事態にもかかわらず集まってくれたお客様、ネット配信で鑑賞してくれた皆様、トナリテスタッフ、バンドメンバーに心から感謝。

私は光、私は愛、神の使徒として、劇作家として、作編曲プロデュース、演奏で、世の中に光を届けるのだ。これからのサックス・マシーンズにご期待下さい。

サックス・マシーンズヒストリービデオです。

 

 

さらに詳しく。