10/28はサックス・マシーンズライブ、サックスレッスン

2020/10/23

★サックス・マシーンズライブが10/28(水)にあります。

菊地の選ぶ最高のサックス奏者4人+1が集まり最高のサウンドをお届けします。

今回は、ライブ配信もありますので、全国のファンの皆様、興味がありましたら、是非ご参加下さい。お待ちしています。こちらに詳細があります。

 

https://kose-sax-flute.love/blog/ctgr1/

 

こちらでサックス・マシーンズのサンプル音源を試聴可能です。

 

http://kose-sax-flute.jp/tape_notes.htm#02

 

サックス・マシーンズの歴史:結成は1992年、数年間三木敏悟のもとでアレンジを学んだ僕は、実際のアレンジを試したくてたまらない。

そこで仲間を集めて、自分の書いた譜面を音出ししてみた。やり始めると、ジャズスタンダードに限らず、ポップスでも、ファンクでも、サンバデもブルースでも、アンサンブルと各自のソロを楽しめるので、自分にぴったりのフォーマットであることが解った。

 

当時は全て手書きで、一生懸命スコアを書き、写譜してメンバーに渡した。メンバーの人選も、アレンジもいろいろ試行錯誤を重ね、澤田一範(as)や多田誠二、つづらのあつしなど、最高のサックス吹き、高橋ゲタオや西直樹、斉藤純など当時の最高峰のメンバーだった。

 

当時からそうだが、アレンジャー(作編曲)、プレーヤー、リーダー、マネージャを一人でこなすのは、鉄人と言われた僕でもやはり無理があり、10年頑張って、アルバムも作り、横浜ジャズプロムナードやNHK-FMセッションなどに参加した後解散。

10数年を経て、せっかく書きためたスコアを死蔵するのは残念なので、東京と大阪で同時に再開し、大阪は5年ほど続けるうちに、人気も出て、根城にしている心斎橋ラグタイムでは、50-60人を集められるバンドになり、オーナーママから大入り袋を貰ったのは良い思い出。

 

ボーカルの山添ゆかさんの人気のすごさもあり、彼女には多くのアレンジをした。もちろんギャラは貰っていませんよ(笑)。

そして続く消費税の値上げ、根城の店大阪ではラグタイム、東京では秋葉原タックの閉店、そして今回のコロナ騒動で、発表の場の確保が難しい、テレビウイルスにやられた一般大衆が、コロナを怖がって、ライブに行きたがらない・・などの傾向があるので、大変なのだけど、めげずに行きたいと思います。

ライブ配信もあるので、是非遠隔でご参加お待ちしています。どんな曲をやるのかは、また追ってお知らせしていきます。