懐かしのポップス2

2020/09/09
チャカカーンは、黒人女性シンガーの大スターで、日本公演も武道館へ見に行った。

バービーハンコック(p)との組み合わせも良かった。
チャカがジャズを歌っているアルバムも良かった。なんとメンバーはチック・コリアのトリオ

+フレディハバード(tp)とジョーヘンダーソン(ts)だった。
カセットテープでよく聞いたものだが引っ越しで整理して紛失した。

 

でも今は、聞き手にとってはネットで探せば出てくる良い時代、

演者はお金が貰えない最悪の時代かも(笑)。
ビリーホリデイ→チャカカーン→エイミー・ワインハウスは、共通した

、黒人女性歌手特有のテイストが有って大好きなのだ。エイミーは黒人で

はないが。
チャカのヒット曲は、I am every woman.ホイットニーの同曲も大好きだが、

あなたの思うこと願うことは何でも知ってるし叶えられる、私はすべてを兼ね

備えた女、と言うのだから、お前は全知全能の女神か?と聞きたくなる(笑)。
もしそういう女性がいたら、もちろん、、、、、、(以下省略)。
この曲をカバーする、オーストラリアの、ヒンドレーストリートカントリークラブの

動画が楽しめる。
このバンドは、80年代のポップスをカバーするグループらしい。他の動画もなかなか宜しい。
なかなか、元気の出るサウンドと歌だ。良い一日を。



I am every woman の歌詞はこちらです。