懐かしのポップス

2020/09/09

もう40年前か?20代の自分とその時代が蘇る。

ロックもジャズもポップスもアメリカから流れて来ていた。冷戦、ベトナム戦争、

日本はバブルへ向かっていた。コルトレーン、ロリンズ一辺倒だった自分も、

当時の時代の流れで、フュージョンサウンドやディスコサウンドも、仕事で親

しむ様になった。
79年のモントルージャズフェスに師匠松本英彦と三木敏悟インナーギャラクシ

ーオーケストラとともに出演させて貰ったのは良い思い出だ。松本英彦の

カミソリの様なスピード感と、ゲストのジョンファディスの凄まじいプレイを

思い出す。

ドゥービーのこの、ワクワクするリズムアレンジは堪らない。40年経っても

色褪せない名作だ。アレサのカバーバージョンもいい。サンボーンのソロ

は泣ける。意味深な歌詞も良い。




懐かしいナンバーを発見。Simply Red - Holding Back The Years