久が原の植物相

2020/05/20

大田区の久が原は、閑静な住宅街。

色々な草花、植物を植えて楽しんでいる人が多い。 何気なく歩いているだけで、アカシヤの花の香りが漂ってきて、季節の変わり目を感じるのは、日本に四季があるから。

地球を傾けて置いてくれて有難う。 毎日、日が長くなって居るのを感じる。 この美しい国と国民を、悪い外国に乗っ取らせてはいけない。

日本人は長いこと眠らされて来た。 テレビと政府に、ただの風邪のウイルスを怖いと思い込まされ、経済を停滞させたあと、中国の様に、恐怖の管理密告社会にして、国民を奴隷化しようと言う動きには、断固NOと言おう。

それには、植物と同じパワーが、我々にはあり、一人ひとりがまず、今までのマトリックスから目覚める、頭からフラグを抜いていく事なのだ。 良い一日をお過ごしください。