素朴な疑問

2020/05/04

このところの、日本の社会情勢の変化は、60年以上生きてきた僕も、今まで体験したことのないものだ。

個人的には、レッスンとライブ、他にはわずかながら、教材や楽器のメンテナンスなどで口に糊してきた我々は、稼ぐ場所と手段を奪われ、限りなく失業者に近い。

ジャズ界を引っ張ってきた渡辺貞夫さんは、過去に何度か接点があり、レコーディングやコンサートにも参加させて頂いたが、ピアノの方と動画を上げて、もうすこしの我慢だよというメッセージがあった。

海外ではキャンディダルファーの動画などは相変わらず素敵だったが・・。エリックのビッグバンドや、クラシック系の皆さんも素晴らしい動画を上げている方は多い。

時間だけはあるので、ここ1ヶ月は、多方面から情報収集を続けてきた。

生徒さんや友達知り合いも、毎日テレビや新聞を読んでいる人が多い。すなわち、不安と恐怖をあおる報道、そして意味不明な感染の専門家と称する一軍の不可解な説明を真に受けている人が多いので、僕のいろいろな情報を披瀝すると、違和感を感じる方が多いようなので、ここでは、反論はやめておこう。

少し前に、福岡のパチンコ店が、緊急事態宣言にかかわらず、営業をやめないという記事をネットで見つけた。

パチンコは、博打であり、射幸心依存を生み出して云々という是非にはここでは触れない。彼(店主)の言い分はこうだ。憲法でも規定されている、日本国民として、幸福を追求する権利があり、緊急事態宣言は法的な強制力はなく、自分の営業は合法だ。

これに対して、県知事は、緊急事態宣言を理解して頂き、営業を自粛するようお願いしてゆくと言うことだった。

自粛を要望するが、経済的保証はしないと言うことであれば、しかも罰則もなかったら、営業は国民として自由だというのに反論は難しいのでは無いだろうか?

それはどんどんパチンコやれという意味ではなく、保証無しで経済止めろと言うのは筋が通っていないだろうと言う意味だ。

さて、その国民を助ける気持ちが、無いか、もしくは極めて少ないと感じられる現政府に怒りを感じている国民は多いだろう。それに対していろいろな意見を見てきたが、政治家・CGS神谷宗幣市の見方は、多面的で、奥行きがあり、とても参考になった。

彼の意見のポイントは、世界で、コロナ患者の統計には水増しが見られる。その意図は、被害をつり上げて、ウイルスを隠蔽し、世界に広めたのに、逆に、被害者のふりをし、世界を助けるポーズを取る中国共産党を厳しくつるし上げるため?

現に全世界では、中国共産党を相手取り、損害賠償を求める訴訟が始まっており、その請求額は何景円という途方もない金額だ。戦争(中国を空爆)を含め、今後の動きは目が離せない。もし山峡ダムを空爆したら、その下流にある上海などは壊滅的な大惨事になる。

また、政府の補償の金額を出し渋り、助ける気が無いかのような態度は、産業構造の入れ替えを狙う、新しい時代に生き残れない、国益に与しない企業はあえてつぶす、そういう政策なのか?

そうか官僚や国は、そう考える可能性もある。

国民の怒りをため込ませて、外的に向かわせる??

政府の無為無策を責め立てるのは簡単だが、よく考えるとその政治家を選んだのも我々だと言うことになる。

我々国民の無関心、投げやりな、どうせ投票に行っても何も変わらないと言うあきらめが、現在の状況を作ったともいえる。

あす払う家賃をどうしよう、30年ローンを組んだけど、支払いが滞ってどうしよう、母子家庭で、子供も家にいて、バイトや派遣先も自粛してくれと失業したなど、困っている人も多いはずだ。

イギリスの飲食店では、ロックダウンの数日後に300万が振り込まれてきて、従業員の給料も80%保証してくれると言うことで、安心して店を閉めている。

ドイツに留学中のコンサートピアニストの女性。すべてのコンサートがキャンセルになり、生活に困りドイツの芸術家支援の機関に申し込んだら、数日で、60万が振り込まれたという。

僕も、持続化給付金など使える制度はすべてトライしている。延長が決まった今、いずれにしても元に戻ることはなく、違う世界が広がっていくだろうから、それに向けて知恵を絞り準備しておくのがいいのだろう。

今回は、マイナンバーカードを作っておいたので、定額給付金の申請もスマホとカードで5分で済んだのは便利さに驚いた。来年の確定申告はスマホでやろう。

コロナで暴かれた日本の闇 政治家・CGS神谷宗幣