十人十色ガラス展を鑑賞

2019/11/18

今日は、横浜赤レンガ倉庫で開催された、アートグラス制作集団イートーテン主催の十人十色ガラス展を鑑賞。

ガラスならではの色々な表現が楽しめた。

自分は子供時代、父が商店用陳列ケース販売で忙しかった頃があり、自宅の店の作業場には、大量の、大きなガラス板があり、飼っていた猫が、ガラスの、尖った切れ端に飛び込み、大怪我をして獣医に何針も縫ってもらったことを思い出す。

どうやって作るのかはわからないが、ガラスの中に絵や彫刻が有ったり、精巧な昆虫が有ったりと、この透明な液体を固体化したように見えるテクスチャーは、飽きることがない。

色々な角度から見たほうが面白いと考えられるものは、動画にしてみた。

ガラスならではの質感、表現の魅力にはあがらいがたい。

撮影可、触るのは駄目だったが、内緒で、少しだけ触ってみた。冷たいいい感触だった。

昔のキャバレーのように、踊り子さんにはタッチしないで下さい??♪~(´ε` )

 

もっと詳しく