プロジェクターで、サックス、フルートレッスンの楽譜製作

2019/02/25

ホリエモンは、スマホで、仕事の作業ほとんどやるそうだけど、僕は自宅で音楽関係の作業は大画面でやるのが好きだ。

仕事柄、楽譜を表示しての作業が多いので、プロジェクターで壁一面に映し出して編集。ミディピアノで音符を入力作業は何年もやっているので朝飯前に1曲てな感じ。

アマゾンで激安プロジェクター購入したら、ピントの合わない不良品だったので、返品。壁用スクリーンは期待通りオーケーでさらに見やすくなった。

もとのプロジェクターに戻し、3台のバソコン、レーザーディスクプレーヤー、テレビ、ビデオデッキの再生が可能、音は5、1サーラウンドでサブウーハーはお尻の下からズンズン来る、快適。

小さな画面で作業すると、目が疲れて痙攣したりしていたが、プロジェクターメインにしたら、目が疲れなくて助かる。

部屋は暗くしないといけないので手元のキーボードやピアノ用の照明は別に用意。

発表会の生徒さん用アレンジや、サックスマシーンズの新作アレンジ、オンライン講座に向けて、新作動画の譜面化の作業が山積しているが、目も疲れず、順次サクサク進んでいる。今日も1曲仕上げた。

達成感が嬉しい。ガンバロウ。