マウスピースリフェイス好調!!

2019/02/22

マウスピースリフェイスが、お陰様で滑りだし好調。お客様が増えています。

マウスピースリフェイスとは、サクソフォーンのマウスピースと言って口にくわえるリードを付ける重要なパーツのメンテナンスのこと。

ジャズサックスほど、いろいろな音がでて、多くのスタイリスト、と言っても衣装を選んだりする人ではなくて独自のスタイル、影響力を持った奏者という意味である、を持つジャンルはないだろう。

楽器、その人の奏法、体格、骨格に次いで重要なのがマウスピースで、そのフェイシング(リードの当たる面のカーブ)や、形状のメンテナンスをするのはほとんどが楽器やマウスピースメーカーさんだ。

僕は、リフェイサーとしては1年生なので、友人のゴッツーマウスピースの後藤さんや、マウスピースも作り楽器の販売もするマーマデュークの宮武さんとも、情報交換して色々教えてもらっている。彼らはサックス奏者でもある。

昨日驚いたのは、その後藤さん紹介の方からまた、リフェイスの注文が舞い込んだ。

世界にも名がとどろき始めたマウスピースメーカーの社長からクライアントを紹介されるって凄いことだ。

ビル・ゲイツや、スティーブジョブズからお客様を紹介されるようなものだ。

やはり仕事や幸運は人から、口コミで入ってくるので、いろいろな人との良いつながりを沢山持つことが重要なことだ。

磨り減って、元気の無くなって、寿命と判断され、引き出しに眠っていたマウスピースが、新品のときのような鳴り方に蘇る。

買ったのだが、空きが広すぎて鳴らすことができない、逆に、吹く力が付いてきたので、空きを広げたい、ショートカットをロングにしたいなどの要望は可能なので、興味のあるサックス吹きの皆さんは、菊地のリフェイスベージ、良かったらご覧ください。

http://kose-sax-flute.jp/Sax%20Reface.html

写真は今日の朝食。少量づつ色々な味を楽しむのが良くなって来ました。

昨夜は、近所の公園で月の下で梅が咲いていた。月と梅の花の下でサックスの練習を楽しんだ。

春は確実に少しづつ近づいています。

皆様、今日は二度と体験できません。良い一日をお過ごしくださいませ。