北千住バードランドセッションに参加

2019/02/11

昨日のアルコールも適宜分解するのに肝臓がフル稼働、すっきりと目覚めると今朝は、いつものレッスンのため五反田で午前中からレッスン。

管楽器の生徒さんに、どうしたらコード感覚を植え付けることが出来るか?と一心に考えていると、今朝は夢の中でお告げがあり(^_?)?☆、今日の生徒さんに、そのアィデアを伝えると、あれよあれよとコード感覚が・・・俺って、教える天才かも知れないな?と心の声が聞こえてくる。(笑)

後半の生徒さん二人ががアクシデントのため時間が出来たので、北千住バードランドのジャムセッションへ。

あの戦後の焼け跡に出来たドヤ街のような雰囲気を残す北千住の裏町に、瀟洒なバードランドはある。

東京で移動は地下鉄に限る。最近はエレベーター、エスカレ-ターはほぼどこでも完備、藤山寛美ではない。大きな荷物を引いていても便利なものだ。

納谷嘉彦 (pf) 俵山 昌之 (b) 公手徹太郎 (ds) の素晴らしいホスト陣に、びっくらこいたのは(笑)、女性ベーシストに女性ドラマーがうようよ、それに若手トロンボーンの男子女子、二人とも上手い。僕は、トロンボーン女子とアナザーユー、もう一人のトロンボーン男子とエアジンで参加。あの難曲をみんなやりきっちゃうって凄いな?

最近また自分でリフェイスしたテナーサックス用マウスピースが調子がよい。非常に鋭い、しかも太い音が可能になった。

こうして新しい人たちや、懐かしい人たちと再会したり、お店と知り合うのは大事なこと。

まあ、話していくと、僕の教室の卒業生がお世話になっているケースが多いので、PTAみたいに、彼らをよろしくってまた頭を下げて頼むことも多いけどね?