秋の奥多摩散策

2018/11/02

久しぶりの奥多摩散策。肌寒い渓流散策を終えて白丸駅に戻ると、オレンジコスモスが咲き乱れていた。

フルートを取り出して吹いていたら、コスモスを手入れしているおじさんから拍手が。

きっかけによもやま話。

もうコスモスを手入れして40年。

そうですか、過去に、何回もこの場所で、コスモスをバックに写真たくさん撮ったんですよ。

それは嬉しいね?。

森林管理のお仕事されていたんですか?父もそうで、五歳までは電気の通らない僻地の山奥で暮らしていたんです。

しばらく、楽しい会話は続く。

だからこうして、奥多摩が懐かしくて通うのかもしれない。山歩きの後は、ってそんなに歩いた訳ぢゃないが、お決まりの温泉。

そうそう、今日は、奥多摩に住む日本猿君にも遭遇した。

狸は、向こうが親近感を感じてくれるのか(^^♪、たびたび遭遇しているが、猿は初めてだった。驚いた。

縄文時代からの地層から吹き出す温泉は、都会生活の疲れを癒やしてくれる。

都会生活とは言っても、有り難いことに、音楽で生計を建てている身であり、曲がりなりにも好きな事に打ち込んで生きている事は、感謝に次ぐ感謝であり、非常にストレスの少ない生活であることは確かだろう。

もえぎ野温泉は、動物も混浴で有名な温泉であり、東北人、関西人、日本猿、月の輪熊、韓国人、中国人、オリオン星人、プレアデス星人、河童などが仲良く露天風呂を楽しむなか、僕も温泉に浸かりながら、楽しい会話に参加。(^^♪

注意:一部フィクションが含まれています。

東京、横浜、大阪、名古屋でサックスレッスンなら菊地康正サックスフルート教室はこちら